ウサギの飼い方と病気

ミニウサギ

ウサギには、犬や猫と同じように、いろいろな種類があります。

ここではそれぞれの種類について紹介していきたいと思います。

 

まずは見た目が一番ウサギらしく、もっともよく見かけるミニウサギです。

「ミニウサギ」というのは品種の名前ではなく、通称なんです。

 

ミニウサギは、小学校などで飼われてきたジャパニーズホワイト種(ウサギと聞いてまず連想する、白い毛に赤い目のウサギ)とダッチ種の血を引くものが多いようです。名前の「ミニ」は中型種であるジャパニーズホワイト種に比べて小さいことからつけられたものだそうです。

 

ミニウサギと聞くと小さいウサギだと思われるかもしれませんが、それは違います。体重も約1.5〜3.0kgとわりと大きめです。 雑種なので、サイズやカラー、性格もバラエティ豊かです。大人になっても小さめの子もいれば、かなり大きくなる子もいます。どんな子に育つのか予想がつかない分、成長を楽しめるウサギともいえますが、ミニサイズのウサギとして飼いたい場合は、どのくらいの大きさになるのかを購入時に確認しておいたほうがいいでしょう。両親からだいたいのサイズが予想できますので、管理の行き届いたショップであれば、確認できます。

 

飼いやすさはそれぞれの子によって違いますが、毛の短い子が多く、毛のお手入れは楽でしょう。

ネザーランドドワーフ

ネザーランドドワーフは、ペットうさぎとしてはもっとも小さく、さまざまなうさぎの中で人気ナンバーワンの品種といってもいいでしょう。「ピーターラビット」のモデルになったともいわれています。

 

原産国はオランダで、体重は約0.8〜1.3kgです。

カラーは、オレンジ、ブラック、ブルー、ライラックなどたくさんの種類がありますが、オレンジが一番人気のようです。

 

しつけやすく、小柄なのでスペースをとらないことも人気の理由のひとつです。

毛も短いのでお手入れも楽ですよ。

 

体の特徴としては、コンパクトなボディーに大きな頭、広いおでこに丸い大きな目が印象的です。耳は短く、頭のてっぺんでピンと立っています。

 

性格は、好奇心旺盛、やんちゃで元気いっぱいです。ただし、ちょっと恐がりの面もあり、飼い主の態度にはとても敏感な子が多いようです。個体によって、飼い主によくなついてくれるタイプと、気ままな性格のタイプに分かれるようです。

 

小さいので飼育スペースが広くなくてよいこと、トイレのしつけやグルーミングが楽なことなどから、都会の一人暮らしでも飼いやすいですよ。一人暮らしのOLさんなどにとくに人気のようです。飼うのに向いているのは、無理にかまおうとしない大人の態度のとれる人ということができると思います。

楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店