ウサギの飼い方と病気

ウサギを飼う前に

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

うさぎと一緒に幸せに暮らすためには、十分な心構えや準備が必要です。家族の一員として迎える前に、まずは飼う側の生活環境についてチェックしておきましょう。

 

まずは最後まで面倒を見られるか考えましょう。

うさぎを飼う人が増えている一方で、捨てうさぎが増えているのも悲しい現実です。どんなときも最後まで面倒を見てやれるかどうかを考えてから、うさぎを迎えましょう。

 

次に予算の確認です。初めてうさぎを迎える際に揃える生活用品などの初期費用、毎月の食費、病気になったときの治療費などの予算をあらかじめ知っておくことも大切です。

 

次に飼い主の家族についてのチェックです。一人暮らしで飼う場合、毎日きちんと世話できるか考えましょう。家族がいる場合は、うさぎアレルギーの人がいないか事前に確かめてください。

 

すでにほかのペットを飼っている人は要注意です。犬や猫、小鳥などペットとしての歴史が長い動物とは比較的相性がいいようですが、個体によっては、ほかの動物との共同生活がストレスになる場合もあります。

 

一方、フェレットやモルモットと、うさぎを一緒に飼うことは避けましょう。フェレットはうさぎにとって天敵ですし、モルモットが苦手な細菌をうさぎが持っていることもあるんです。


うさぎの種類で選ぶ

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

自分のパートナーとなるうさぎを選ぶときにはどのようなことを目安にしたらいいのでしょうか。まず考えられるのは、毛質、耳の形、大きさなどうさぎの種類で選ぶ方法です。

 

長毛種と短毛種、耳が立っているものと垂れているものなど、うさぎの種類は豊富にあります。品種として認定されているものは、それぞれ大きさや性格もある程度の傾向がありますので、どんなうさぎに育つのか、事前に予想できることもメリットのひとつですね。お世話のコツなどを知るのにも目安になります。

 

まずは毛質です。長毛種(毛の長い種類)も短毛種(毛の短い種類)もそれぞれの魅力があります。長毛種の場合、毎日のていねいなブラッシングが必要になります。また暑さに弱いので、夏場は温度管理などとくに配慮が必要です。その点では短毛種はお世話が楽チンかもしれませんね。

 

次に耳の形です。一般的に垂れ耳のうさぎは動作がゆっくりとしていて甘えん坊さんが、耳の立ったうさぎはやんちゃな子が多いといわれています。

 

最後に大きさです。小型種は暑さや寒さに弱いところ、大型種はある程度の飼育スペースが必要であるところが難点といえるでしょう。大人になったらどのくらいの大きさにあるのかも、購入する前にしっかり確認しておくことが大切ですよ。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店