ウサギの飼い方と病気

うさぎの性別で選ぶ

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

うさぎの性格は品種や個体差によることが多いようですが、うさぎの行動には性別で違いが見られます。オスとメスには、本能からくる縄張り意識に大きな違いがあります。オスはとくに広範囲に渡って、縄張りを主張しようとする行動をとります。

 

まずはオスについてです。

縄張り意識の強いオスは、おしっこをまき散らして縄張りを主張する「スプレー」という行動をとることがあります。スプレー行動は、情緒が不安定なことが多いといっそう激しさを増すそうです。

 

次にメスについてです。避妊していない大人のメスは一年中発情が持続した状態で、いつでも妊娠が可能なんです。したがってメスも、出産・子育てに必要な縄張りを確保しようとします。

 

またメスでも情緒が不安定になると、スプレー行動で縄張りを主張することもあるようです。オス・メス、それぞれの習性を理解して選びましょう。

 

オスとメスの見分け方についても少し触れておきます。オスとメスは生殖器の違いで見分けます。生殖器の周囲を押して先端を広げたとき、先端が丸いのがオス、スリット状なのがメス、ということになります。

 

ただし生後3ヶ月くらいまでの子うさぎを購入する場合は、オスかメスかは見た目ではわかりにくいものです。

ペットショップで見分けてもらうのがいいでしょう。


一匹で飼うか、複数で飼うか

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

よく「うさぎは寂しいと死ぬ」などということを耳にしますが、決してそんなことはありません。野生のアナウサギは群れで生活していますが、ペットとして飼われているうさぎは、一匹で飼ってもなんの問題もありません。

 

うさぎを飼うのが初めてなら、まずは一匹に愛情と時間をたっぷりと注いでかわいがってやるほうがいいと思います。

 

うさぎは非常に縄張り意識の強い動物ですので、むしろほかのうさぎがいるとストレスを感じてしまうことも多いようです。

 

また、やきもち焼きなところもあり、最初に一匹で飼われていたところに、別のうさぎがやってくるのも気に入らないようです。個体差もありますが、仲良くさせるのは結構大変なものだそうです。

 

初めから複数のうさぎを飼うつもりなら、縄張り意識が出てくる生後3ヶ月までのうさぎ同士にするといいようです。また複数で飼う場合でも、基本的には、ケージは一匹ずつ別々にしましょう。

 

一匹で飼う場合、十分にお世話ができるので、うさぎとの親密な関係が築きやすい、また、うさぎのストレスが少ないため長生きすることが多いというメリットがあります。

 

デメリットとしては、繁殖を考える場合にはお見合い相手を探すのが難しいという点が挙げられます。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店