ウサギの飼い方と病気

うさぎの入手方法1

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

たくさんいるうさぎの中から、自分に合ったうさぎを探し出すのはなかなか大変なことですよね。うさぎに詳しい店員さんのいるペットショップやうさぎの専門店なら、いろいろなうさぎを見て選ぶことができますよ。

 

近くにこういったお店があるのなら、自分のライフスタイルや好みを伝えて相談に乗ってもらって選ぶのがベストでしょう。とくに初めて飼う場合は、購入後も相談に乗ってくれるところが安心ですよね。

 

ショップにうさぎを見に行く場合、夕方遅めに行きましょう。うさぎは夜行性なので、活動時間帯である夕方に、うさぎが活発に活動する様子を見て選ぶほうがいいからです。

 

気に入ったうさぎがいてもすぐに決めずに、何度か通って様子を見てから決めるのがいいでしょう。また、あまり掃除をしていないお店や、同じケージに病気のうさぎがいるような場合は避けたほうがいいでしょう。

 

うさぎのブリーダーから購入するのもひとつの方法です。ブリーダーとは、動物を繁殖させて育てている人のことです。ホームページを持っているブリーダーも多いので、インターネットで探してみましょう。

 

可能であれば直接会いに行って、誠実な対応をしてくれる人から譲ってもらえると安心ですね。 最近ではインターネット通販でうさぎを購入できるお店もあるようです。信頼できるお店かじっくり見極めてから決めるのがなにより大切です。


うさぎの入手方法2

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

うさぎの入手方法には、ペットショップやブリーダーなどから購入するほかにもいくつか方法があります。 まずはうさぎの赤ちゃんがたくさん生まれたお宅からもらうという方法です。赤ちゃんうさぎは、生後6週間まではお母さんうさぎの母乳を必要としています。

 

母乳を飲むことで、さまざまな病気の菌からからだが守られ、胃や腸の働きもよくなるのです。

生後8週間経つとからだが安定してきますので、家に迎えるのはこの時期になってからにしてくださいね。

 

個人宅で生まれた子ウサギをもらい受ける場合は、生後4〜5週間のころに見に行っておいて、生後8週間くらいまでは母うさぎに育ててもらいましょう。両親となったうさぎの性格など聞いておけば、しつけの役にも立ちますよ。

 

次にインターネットやペット専門の雑誌などで行われているうさぎの里親募集を利用する方法です。里親募集の場合、何らかの事情で飼えなくなった元の飼い主さんからうさぎを譲り受け、飼い主になります。 この場合は種類や年齢など選べる選択肢は狭くなるかもしれません。

 

しかし、一匹でも多くのうさぎが幸せに暮らせるように、飼えなくなったうさぎを飼いたい人が飼うというのは一番いい方法だと個人的には思います。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店