ウサギの飼い方と病気

ケージの選び方

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

うさぎグッズを選ぶポイントは、うさぎにとって安全で、健康で快適に暮らせるようなものであることが一番大切ですよね。

 

しかし、飼い主が楽しくお世話できるようなグッズを選ぶことも、うさぎと一緒に楽しく暮らすコツといえます。うさぎと飼い主、両方の事情に合わせて、グッズを揃えていきたいものです。

 

まずはうさぎの住まいとなるケージについてです。

ケージは、うさぎが一日の大半を過ごす場所になりますので、十分に吟味して選びましょう。うさぎはたいていの場合、ケージの外よりも中で過ごす時間のほうが長いものです。うさぎのサイズや掃除のしやすさなどを考えて、うさぎも飼い主も快適に暮らせるケージを選ぶのがいいですね。

 

ケージのサイズですが、うさぎの成長も考えて、余裕をもった大きさのものを選びましょう。前後左右どの方向にもからだを伸ばせるゆとりがあること、また、うさぎが立ち上がったときにも高さに余裕があることが必要な条件です。小型種を一匹で飼うなら、幅60〜90cm、奥行き50cm、高さ60cmくらいを目安に選ぶといいと思います。

 

ケージの扉は、正面と上面の両方が開くタイプのものがおすすめです。うさぎが自分で出入りするときは正面の扉、抱いて出し入れするときは上面の扉を使えるので便利ですよ。


基本グッズの選び方1

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

最初にまずこれだけは揃えておきたいといううさぎの飼育グッズを紹介します。 まずは床材です。ケージの床が金網の場合、うさぎは足を痛めるので、床材としてすのこを敷きましょう。

 

すのこを敷いておくと、うさぎがトイレに失敗しても下に落ちるので、からだが汚れません。衛生的で掃除も楽ですよ。掃除をするときなどのために取り替え用もあると便利です。

 

次に給水ボトルです。うさぎはからだが濡れると病気になりやすいので、お皿ではなくボトル式のもので水を与えるのがいいですよ。ボトルはホルダーでケージの外に取り付けます。水漏れがないかチェックし、ノズルの中も詰まらないようにきれいに洗いましょう。

 

次にトイレとトイレ砂です。トイレは、とくにうさぎ用のものでなくても代用できますが、オスのうさぎはおしっこを後ろに飛ばすことがありますので、後ろの壁が高くなっているものがおすすめです。サイズは、うさぎがしゃがんだときに全身がすっぽり入れるくらいの大きさは必要です。

 

トイレ砂は、トイレの底と網の間に敷いて、おしっこを吸わせて臭いを和らげます。うさぎ用のトイレのほかに、ねこ用のトイレ砂を使ってもいいでしょう。うちでもそうしています。ペットシーツもありますが、うさぎがかじってしまうと危険なので、注意が必要です。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店