ウサギの飼い方と病気

基本グッズの選び方2

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

次に食器です。うさぎの食器は、軽いものだとひっくり返してしまいますので、重くて安定しているものがいいでしょう。ケージにネジで取り付けられるタイプのものも場所を取らないのでおすすめです。

 

次に干し草入れです。

干し草は食器に入れてもかまいませんが、うさぎは高いところから引き抜いて食べるのが好きなので、ケージの外に取り付けるタイプの干し草入れに入れてやってもいいでしょう。

 

次はかじり木です。

うさぎはかじることが大好きなので、かじり木を与えてやりましょう。ケージに乾燥させた木の枝などを入れておいてもいいですし、お店ではいろいろなタイプのかじり木が売られていますよ。転がして遊べるボールやにんじんの形をしたもの、吊り下げるタイプのものなどかわいいかじり木がたくさんありますよ。かわいいおもちゃは飼い主さんの目をも楽しませてくれることでしょう。

 

最後にうさぎのお手入れグッズです。まずはブラシです。うさぎのお手入れにブラシは欠かせません。いろいろなブラシがあるので、目的に合わせていくつか揃えておくと便利ですよ。うさぎの毛の長さや毛質に合わせて、必要なタイプのブラシを選びましょう。 次に爪切りです。うさぎの爪も人間と同じように伸びます。室内で飼う場合、飼い主が爪を切ってやる必要があります。人間用のものは使いづらいので、うさぎ用の爪切りを用意しましょう。


オプショングッズの選び方

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ここではうさぎとの生活をより楽しむためのグッズを紹介します。すぐに必要なものではないかもしれませんが、お出かけ用のグッズや季節のグッズなど、うさぎが毎日の暮らしに慣れてきたら、少しずつ揃えていきたいものです。

 

まずはキャリーケースです。

お出かけするときや病院などに連れて行くときにはキャリーケースを使いましょう。最近では、うさぎ専用の、さまざまな工夫が施されたキャリーケースが出回っています。ケージと同様、前部だけでなく上部の扉からも出し入れできるタイプのものが便利だと思います。

 

次にサークルです。ケージの掃除をするときなどに、うさぎをサークルで囲ったスペースに入れておけば安全で安心ですよね。うさぎがジャンプしても越えられない高さのものを選びましょう。

 

次に防暑グッズです。うさぎは暑さと湿気に弱い動物です。うさぎの体温を吸収するクールボードなどをケージの中に入れてやるといいでしょう。うちでも使っていますが、夏には進んでボードの上で寝ていますよ。

 

次に防寒グッズです。うさぎは暑さも苦手ですが、寒さも苦手なんです。毛皮を着ているとはいえ、寒さが厳しいときには、ペットヒーターを置いてやるといいですよ。うさぎがかじったり、水にぬれたりしても安全なものを選びましょう。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店