ウサギの飼い方と病気

サークルで飼う場合のポイント

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

次にサークルで飼う場合について説明します。うさぎが飛び越えられないように、十分な高さのサークルで2〜3畳くらいの広さを囲い、うさぎが自由に遊べるスペースを作ります。

 

この中をうさぎの部屋のようにして飼うわけです。

ケージはサークルの隅に置き、ケージの2面は壁に接するようにしましょう。サークルで飼う場合でも、トイレはケージの中に置きましょう。できるだけ、ケージに戻ってトイレをする習慣を身に付けさせたいものです。

 

しかし、ケージの中に戻ってトイレをするのが難しい場合は、サークルの隅に外用のトイレを置きましょう。 サークルで囲った床には柔らかい素材のカーペットや毛足の短いマットなどを敷きます。こういった素材がうさぎにとって一番歩きやすく、足も痛めないんですよ。

 

サークルの中に、市販されている木製のおもちゃなどの遊び道具を置いてやってもいいでしょう。 サークル飼いのメリットはなんといっても、うさぎが自由に遊べることですよね。飼い主にとっても、うさぎがサークルの中にいる限りは、安心して遊ばせておけます。

 

デメリットとしては、広いスペースが必要であること、ケージの外でのトイレの場所がわからなくなること、サークルを飛び越えて脱走する可能性もあること、などが挙げられます。


屋外飼育のポイント

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

うさぎを屋外で飼う場合についても説明しておきます。うさぎは室内で飼うのが基本ですが、どうしても室内で飼えない事情があって、なおかつ大きな庭がある場合などには、屋外飼育も考慮に入れてもいいでしょう。

 

屋外でうさぎを飼う場合は、うさぎ小屋で飼うことになります。うさぎ小屋には、湿気を避けるために、地面から30cm程度上になるように足をつけましょう。

 

うさぎ小屋の屋根には、水がたまらないように傾斜をつけ、長めのひさしで日差しや雨風を防ぎます。猫やカラスの襲撃防止のために、金網の扉もつけたほうが安心ですよ。

 

全体の3分の1くらいのスペースを寝室とし、前面には木の扉を付けます。中にはワラを入れて暖かく眠れるようにしてやりましょう。冬にはワラを多めに入れたり、木の箱などを入れたりして、寒さをしのげるようにしてやります。 床はすのこ状にし、床下に引き出しを付けておくと、フンや食べ残しの掃除が楽にできて便利ですよ。

 

屋外で飼うメリットとしては、庭があれば、大型種も運動がしやすいということが挙げられます。一方、デメリットとしては、温度、湿度の管理が難しいこと、飼い主と接する時間が短くなるので、飼い主になつきにくいこと、ほかの動物に襲われる危険性があること、などが挙げられます。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店