ウサギの飼い方と病気

ウサギの生活リズム

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ウサギは規則正しい生活リズムを持っています。夜行性なので、昼間はほとんど寝て過ごし、夕方から動き出し、夜中は長時間起きたままで、明け方にまた活発に動くという、人間の1日とはかなり違う生活サイクルです。

 

食事やトイレの世話、遊びなどは、できるだけこのリズムを崩さないようにしてやりたいものです。だからといって人間がウサギの生活に振り回されてしまってはいけません。

 

ウサギのお世話が煩わしくなり、ウサギがかわいくなくなってしまってはなんにもなりませんよね。 毎日のことですから、お互いに無理は禁物です。お互いに歩み寄り、ウサギの生活のリズムと人間の生活の都合を合わせていくことが大切です。

 

ウサギは意外と適応能力のある動物です。無理のない程度であれば、飼い主の都合に合わせても、快適に過ごしてくれることでしょう。

 

ここで少し、ウサギの眠りについてお話しします。ウサギは野生では、いつ敵に襲われるかわからないため、いつでも逃げられるように、ぐっすり眠らず、すぐに覚醒できるようになっているそうです。たしかにうちのはなを見ていても、目をしっかりつぶって、ぐっすり寝ているという様子をほとんど見たことがありません。ペットのウサギでも野生の習性が残っているのですね。


ウサギの世話プラン…

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ここでは、ウサギと飼い主がお互いに快適に暮らすために、するべきことを説明していきます。まず、毎日行うことは、食事・水の世話、食器の洗浄、トイレの掃除、ブラッシング、運動、健康チェックなどです。

 

ウサギはとてもデリケートな動物ですので、不衛生な環境は病気の元になります。また、干し草や水をきらすと、ウサギの胃腸や腎臓などに病気を引き起こしてしまいますので、くれぐれも注意しましょう。

 

ブラッシングや遊び、運動などを通して、ウサギと接することはコミュニケーションとしても大切ですよ。このときに合わせて、健康チェックも行いたいものです。ウサギとよく触れ合っていれば、ウサギの異変にも気づきやすいはずですよ。

 

次にときどきすることです。1〜2週間に1回程度は、ケージの大掃除をしましょう。ケージを分解して水洗いします。

 

また1〜2ヶ月に1回程度は、爪切りをします。前足、後ろ足、ともに爪切りが必要です。このほか必要に応じて、耳や目のケアなども行ってください。爪切りは、動物病院やペットショップなどでやってもらうこともできます。どうしても無理な場合はやむを得ませんが、できれば飼い主がやってやりたいものですよね。 季節の変わり目には飼育環境を見直し、健康診断も受けさせておくと安心です。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店