ウサギの飼い方と病気

ウサギの飼育-梅雨&夏-

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

次は梅雨です。湿度の高い日本の梅雨は、ウサギにとってつらい季節です。健康上のトラブルも起こしやすいので注意してやりましょう。

 

対策としては、風通しをよくしたり、エアコンや除湿器を使ったりして、湿度を40〜60%に保ってください。

 

またこの時期は、干し草やペレット、水が傷みやすくなります。食中毒にならないように、食べ残しはきちんと処分し、水も朝晩2回取り替え、常に新鮮なものを与えるように心がけましょう。

 

次に夏です。夏は、ウサギにとってもっとも苦手な季節です。汗をかいて体温調節をすることができないので、注意してやらないと夏バテになってしまうこともありますよ。

 

対策としては、エアコンで室温を28度以下に保つ必要があります。換気扇や扇風機で空気の循環をよくするのもいいでしょう。 ケージは風通しがよく、エアコンの冷気や扇風機の風が直接当たらない場所に置きましょう。

 

また、外出するときは、なるべく室温の低い場所にケージを移動させます。 ペット用のクールボードを使ったり、冷却剤や凍らせたペットボトルをケージの近くに置いたりするのも効果的ですよ。

 

また、夏は食事や水が傷みやすいので注意が必要です。とくに水は減りも早いので、1日2回は新鮮な水に交換してやりましょう。


ウサギの飼育-冬-

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

最後に冬です。ウサギはふかふかの毛皮を着ているので、寒さには強いと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。しかし、野生のウサギは別として、ペットとして飼われているウサギは特別寒さに強いわけではないんですよ。

 

冬には、暖房などを使って、室温が18度以下にならないように調節しましょう。

ただし、暖房の風がウサギに直接当たらないように注意が必要です。

 

夏のように喉が渇くわけではないかもしれませんが、冬は空気が乾燥していますので、飲み水を十分に与えてやることも大切ですよ。 ウサギは気温の変化に弱い動物です。一日の温度差が激しくならないように調節してやってくださいね。

 

昼間に暖房を使っていて、夜、暖房を切る場合は、夜の寒さに対する対策を講じる必要があります。

ペットヒーターを使う、ワラを入れた巣箱などウサギが寒さをしのげるものをケージに入れてやる、などで対応できると思います。

 

昼間日当たりのいい場所にケージを置いておくと、夜間の冷え込みによって、寒暖差が大きくなってしまいますので、かえってよくないんですよ。 また暖かい空気は上昇するため、ウサギのいる場所は人間が思っているよりも寒いものです。ケージ内の温度や湿度もチェックしておきましょう。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店