ウサギの飼い方と病気

ウサギの爪切りQ&A

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ウサギの爪切りについての疑問について、いくつか答えていきます。まずは、爪はどこから切ったらいいのでしょうか。

 

答えは、血管の位置から少し先です。

爪は血管が通っている位置から1ミリくらい先を切ります。黒っぽい爪の場合は血管が見えにくいですが、後ろから光を当てると、血管が透けて見えますよ。

 

次に、深爪して、血が出てしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。

答えは、大騒ぎせずに、血が止まるまでじっとさせましょう。慣れないうちは、切る位置を間違って深爪してしまうこともあるでしょう。そんなときに飼い主が騒ぐと、ウサギはますます怯えてしまいます。止血剤があれば、それを塗って血を止めますが、キャリーケースなど狭いところにタオルを敷いて、ウサギをじっとさせておけば、通常は10分以内に血は止まります。しばらくは雑菌が入らないように、ケージ内を常に清潔にしておきましょう。ちなみに止血剤はペットショップなどで購入できますよ。

 

最後に、どうしても自分で切れない場合はどうしたらいいのでしょうか。

答えは、ペットショップなどにお願いしましょう。ウサギの爪切りは慣れないと難しいものです。どうしても自分で切れない場合は、無理せず、ペットショップなどでやってもらう方法をとってもいいでしょう。費用は1000円前後のようです。


ウサギのお手入れ-耳・目のケア-

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

次はウサギの耳のケアについてです。耳を汚れたままにしておくと、病気になってしまうこともありますので、注意が必要です。

 

ブラッシングの際に、耳垢がたまっていないかチェックし、汚れていたらきれいにしてやりましょう。とくに垂れ耳タイプのウサギは、耳が蒸れて、耳垢がたまりやすいので、こまめにケアしてやることが大切ですよ。

 

耳のケアの手順としては、まず耳の内側を拭きます。グルーミングスプレーをしみこませた清潔な布などで、優しく拭いてやるだけで、たいていの場合はきれいになります。

 

耳垢がたまっている場合は、ノンアルコールのペット用イヤークリーナーなどで湿らせた綿棒で、優しく取ります。耳垢が非常に多かったり、耳の中がただれていたり、嫌なにおいがしたりするような場合には、病気かもしれませんので、病院へ連れて行きましょう。

 

次に目のケアについてです。ときどき、ウサギの目に目ヤニがついていることがあります。たいていの場合は毛づくろいのときに自分で取ってしまうようですが、取れていない場合には、飼い主が取り除いてやりましょう。コットンやウェットティッシュで優しく取り除きます。目ヤニが多い場合は、病気の可能性もあるので病院に連れて行きましょう。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店