ウサギの飼い方と病気

ウサギの抱っこのポイント

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ここでは、ウサギを抱っこするときの注意点を3つ挙げておきます。 まず一つ目に、胸は決して圧迫してはいけないということです。胸を圧迫されると、肺が圧迫されて苦しくなってしまいます。ウサギが慌て、暴れることにつながってしまいます。

 

二つ目に、耳やしっぽはつかまないということです。つかむ必要があるときは、首すじの皮膚をつかみます。

 

三つ目は、暴れたときはからだを丸くすることです。ウサギが暴れると、背中を反らした拍子に背骨を痛めてしまうこともあります。暴れたときは体を丸めてやると落ち着きますよ。

 

抱っこの途中でウサギが暴れた場合の対処法についても触れておきます。まずは首すじの皮膚をたっぷりとつかみます。痛そうに思えるかもしれませんが、ウサギにとってはそんなに痛くはないようです。

 

痛そうだからといって少しだけつまむのはかえって逆効果ですよ。思い切って、手のひらいっぱいにつかむようにします。 次に、お尻に手を添えて、すばやくからだを丸めます。首すじの皮膚をつかんだまま、もう片方の手でお尻をすくい上げて、ウサギのからだを丸めます。この姿勢になるとウサギは落ち着きますよ。

 

なお、抱っこしたウサギが落ち着かないときには、目を隠すように、ひじで頭を覆うと落ち着きます。狭いところに頭をつっこむ習性をうまく利用した方法ですなんですよ。


ウサギのひざ上抱っこ

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ここではまず、ひざ上抱っこの仕方について説明していきます。まずはウサギをケージから出して、ひざの上に乗せるまでをマスターしましょう。

 

最初のうちは、ウサギが急に飛び降りてしまう可能性もありますので、安全なように床に正座して、ひざの上に乗せる練習をしましょう。

 

ひざ上抱っこは、ブラッシングや爪切りをするための基本の抱っこですよ。 まず、ウサギを優しく捕まえます。ウサギのからだの下に静かに片方の手を入れます。 次にもう一方の手をウサギのお尻に当てます。両手でしっかりとウサギのからだを支えます。

 

ここで注意が必要なのですが、持ち上げるのはウサギのお尻にしましょう。胸部や腹部は圧迫されると苦しがりますので、押さないようにしてやってください。

 

次に、すくい上げるようにウサギを持ち上げます。デリケートな胸やお腹を圧迫しないように、お尻をすくい上げて持ち上げます。 そのままひざの上へ移動させます。正座した飼い主のひざの上にウサギを移動させます。

 

優しくなでてから、最初は5秒くらいで床に下ろしてやり、徐々に慣らしていき、ひざの上にいる時間を長くしていきましょう。できれば下ろすときも飼い主主導で行い、ウサギが勝手に飛び降りないようにしましょう。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店