ウサギの飼い方と病気

ミニレッキス

ミニレッキスは、スタンダードレッキスに、小型のドワーフ種を交配させて誕生したうさぎです。ミニレッキスも、スタンダードレッキスと同様、ベルベットのような手触りが特徴です。日本でも、最近人気となってきている品種なんですよ。

 

原産国はアメリカで、体重は約1.8〜2.0kg、カラーはブラック、ブルー、キャスター、リンクスなどです。 からだは小さいですが、筋肉質で足の力が強く、厚手の耳を持っています。

 

ほかのうさぎと違って、ひげが縮れているのも特徴的です。毛並みを美しくするための改良の過程で、ひげも縮れたひげに変化したといわれています。

 

ミニレッキスは基本的にやんちゃですが、甘えん坊さんです。人なつっこく、物怖じしない性格の子が多いようです。また頭もよく、人間の行動をよく観察しているそうですよ。神経質なタイプの子は少ないようですが、なかには恐がりの子もいるようです。 超短毛種なので、換毛期以外は毛がほとんど抜け替わらず、毛のお手入れはとても楽チンです。

 

トイレのしつけも比較的簡単なので、飼いやすいでしょう。ただし、足裏の毛も短いため、ほかの品種にくらべて足に負担がかかります。うさぎの足に負担の少ない床材を選ぶように注意しましょう。

ライオンドワーフ

ライオンドワーフは、たてがみが特徴の小さなうさぎです。原産国はヨーロッパで、体重は約1.5〜2.0kgとやはり小型ですね。カラーはホワイト、ブラック、オレンジ、トートなどです。ただしARBA(アメリカン・ラビット・ブリーダーズ・アソシエーション)では品種として、まだ認定されていないんです。

 

ライオンドワーフというだけあって、首の回りにあるライオンのたてがみのような長い毛が特徴的です。グルーミングについては、この首回りの長毛をていねいにお手入れしてあげましょう。手足や耳が短いのも特徴のひとつです。

 

性格は、基本的にはおとなしいのですが、少しきままなところもあります。慣れてくればアクティブでやんちゃになる子もいますが、多少恐がりの子が多いようです。 ライオンドワーフも小型なので、そんなに広くないスペースで飼うことができますので、飼いやすいですよ。

 

飼い方のポイントとしては、首回りの毛が長いので、絡まないように気をつけて、こまめにブラッシングしてやりましょう。 ライオンドワーフの中には、ペットショップが独自に繁殖させた、お店オリジナルのうさぎもいます。世界的にはドイツのテウト社の「テウト ライオン」が有名なんですって。日本でも、うさぎ専門店「バニー ファミリー」で「バニファ ライオン」といううさぎが販売されています。

楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店