ウサギの飼い方と病気

ウサギのトイレのしつけ

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

野生のアナウサギは、一定の場所をトイレにしています。決まった場所で排泄するという習性は、ペットとして飼われているウサギも変わりません。ですからその習性を利用すればウサギのトイレのしつけは比較的簡単にできると言えます。

 

しかし、最初にトイレを置く場所を間違えるとなかなか覚えてくれないこともあります。ウサギが落ち着くことができて、安心できる場所をトイレにしたがりますので、ウサギのこだわりを尊重しながらしつけましょう。

 

またトイレを覚える早さにはそれぞれのウサギで個体差があります。なかなか覚えてくれなくても、そのうち決まった場所で排泄するようになりますので、あせらず根気よく教えていきましょう。 ここでは、トイレのしつけの方法を紹介します

 

トイレのしつけには、同じ場所で排泄する習慣を利用します。おしっこのついたトイレ砂などをトイレに置いて、トイレにおしっこのにおいをつけます。 しっぽを持ち上げたり、おしっこやフンをしそうなそぶりを見せたりしたら、こまめにすぐにトイレに連れて行ってあげることが大切です。

 

トイレで上手に排泄できたらとにかくほめてやります。偶然できただけだったとしても、ほめられることで徐々に覚えていきます。 別の場所で排泄したら、においが残らないように、すぐに完全に拭き取っておきましょう。


ウサギのトイレのしつけQ&A

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ウサギのトイレの疑問をまとめてみました。 トイレはどこに置いたらいいのでしょうか?まずは、ケージの隅に置いてみます。動物は安全な場所で排泄したがるものです。壁際に置いてやるとウサギも落ち着いて排泄できますよ。

 

また、いつも同じところで排泄するようであれば、そこにトイレを置くようにするといいですよ。ウサギのこだわりに合わせてやることが大切です。

 

そのほかの置き場所のポイントとしては、寝場所と離れたところに置く、というものもあります。野生のウサギは、寝場所から離れたところで排泄するので、その習性を利用するわけですね。

 

次に、ケージの外で遊んでいるときでも、ケージに戻って排泄するようにしつけるためには、どうしたらいいのでしょうか?そのためにはまず、ケージが安全な場所であると覚えてもらわないといけません。

 

「トイレに行くとケージに閉じ込められる」と覚えてしまわないように、ケージの扉は開けたままにしておくといいでしょう。ケージが好きになれば、自分からトイレのために戻ってくれるようになりますよ。

 

トイレ以外のところで排泄してしまったとき、叱ってもいいのでしょうか。粗相をしても叱ってはいけませんよ。ウサギはなぜ叱られているのかわからず、飼い主を恐がるだけなんです。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店