ウサギの飼い方と病気

ウサギと遊ぶときの注意点

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ここでは、ウサギと遊ぶときの注意点について説明します。ウサギと遊ぶ時にもいろいろ気をつけたいポイントがあります。まず、ウサギがケージをかじっても外に出さないようにすることが大切です。

 

ウサギがケージをかじっても、外に出してやってはいけませんよ。「ケージをかじれば外に出してもらえる」と間違った学習をしてしまうことになります。

 

そういう習慣が身に付いてしまうと、ウサギはケージから出たいがために、ケージを激しくかじって前歯を痛めてしまうこともあるんですよ。ケージをかじることと外に出られることが関連づけられなければ、このようなことは起こりませんので、飼い主が注意して接してやりましょう。

 

また、ウサギが人を噛むことはめったにありませんが、もし指やからだを噛むようになった場合は、どうしたらいいのでしょうか。

 

そもそもウサギは人を噛むようなことはめったにありません。しかし、なにかのきっかけで噛み癖がついてしまったら困り者ですよね。ウサギがうっかり噛んでしまったら、噛まれたことに非常に腹を立てているということをウサギにわからせ、飼い主のほうが上位だとわからせなければなりません。

 

床を思い切りたたくなどの方法が効果的ですよ。 うちのはなも、噛もうと思えば噛めるような状況でも故意に人を噛むことは一切ありませんよ


ウサギの散歩

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

最近では、犬などと同じように、ウサギを散歩に連れて歩いている方を見かけることもありますよね。ではでは・・・ウサギに散歩は必要なのでしょうか?結論から申しますと、答えは「ノー」です。

 

基本的には、ウサギは外で遊ばせる必要はないんです。ウサギは毎日室内で遊んでいれば、運動量としては十分です。

 

屋外には、ウサギの苦手なものや危険がたくさんあります。ウサギにとって苦手なもの、危険なものは、ほかの動物(犬、ねこ、カラスなど)、小さな子ども、車の騒音、自転車のスピードなどです。

 

どうしても外で遊ばせたい場合は、犬や猫が近くにいない静かな公園などを選び、リードを付けてサークルで囲った中で遊ばせるようにしましょう。リードはハーネス付きのタイプがいいですよ。

 

また、家からの行き帰りにはキャリーケースを使います。くれぐれもウサギの安全に気をつけ、細心の注意を払い、少しずつ外の環境に慣らしましょう。

 

最近はウサギの飼い主同士が仲良くなって、ウサギを連れて、公園などに一緒に出かける人も多くなっているようです。こういう場合には、必ずリードを付け、自分の連れているウサギから目を離さないようにしましょう。

 

ウサギ同士がケンカしたり、オスとメスが出会って思わぬ妊娠をしないためにも、飼い主の注意が必要です。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店