ウサギの飼い方と病気

ウサギの体のチェックポイント

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

まずは耳。耳を激しく振っていませんか?耳を頻繁に後ろ足でかいていませんか?耳の中がにおいませんか?耳の中が汚れていませんか?

 

次に鼻。

くしゃみをしていませんか?

鼻は汚れていませんか?

鼻水は出ていませんか?

鼻がつまっていませんか?

 

次に口。

前歯が異常に伸びていませんか?

下の前歯が上の前歯より前に出ていませんか?

常に口をクチャクチャさせていませんか?

食べにくそうにしていませんか?

よだれは出ていませんか?

 

次におなか。

おなかが張っていませんか?

おなかがゴロゴロ鳴っていませんか?

次に目。目ヤニは出ていませんか?

目頭のあたりが涙で濡れていませんか?

目をショボショボさせていませんか?

目が白く濁っていませんか?

 

次に皮膚。

ツヤがなく、パサついていませんか?

抜け毛が多くありませんか?

脱毛して、皮膚が露出しているところがありませんか?

フケが多量に出ていませんか?

かゆそうにしていませんか?

 

次にお尻。

お尻が尿で汚れていませんか?

お尻から赤いかたまりが出ていませんか?

 

最後に足。

足の裏の皮膚が露出していませんか?

片足を浮かせていませんか?

足が動かしにくそうではありませんか?

 

以上のようなことが、ウサギの異常を発見するポイントとなります。このような状態が続くようであれば、病院へ連れて行きましょう。


ウサギの病気予防

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ウサギは体調が悪くても、それを言葉で飼い主に伝えることができません。したがって、飼い主が日頃から健康状態をチェックしてやることが大切です。

 

おなかや足の裏などからだの裏側は、とくに見逃しがちですが、スキンシップをしっかりしていれば、いろいろな部分の体の異変を早期に発見することができることでしょう。

 

毎日観察していれば、小さな変化でも気づいてやることができますよ。 健康に暮らすためには、普段の生活をきちんとすることが、なによりも大切です。毎日の世話をきちんとして、快適な環境を作ってやることで病気の予防ができますよ。 毎日の世話をしながら、一緒に健康チェックもするようにするといいでしょう。

 

またブラッシングのときに、毛や皮膚の状態もチェックしましょう。 毎日の健康状態やウサギの様子などを観察ノートなどに記録しておくと、変化があったときにわかりやすいのでおすすめですよ。

 

毎日の健康チェックのほかに、数ヶ月に1回は動物病院で健康診断を受けておくと安心です。定期的な検診では、診察台でできる触診や聴診器を使った簡単なものから、血液検査やレントゲンなどの精密検査までさまざまなものが行われます。気になることがあったら、なんでも聞いてみるといいでしょう。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店