ウサギの飼い方と病気

ウサギの消化器の病気-1

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ウサギの消化器の病気では、主に胃と盲腸に異常が生じます。胃腸の病気の主な症状としては、食欲の低下や下痢が挙げられますが、とくに注意しなければならないのは下痢です。とくに子ウサギが下痢をした場合は要注意です。すぐに病院へ連れて行きましょう。

 

ウサギの消化器の病気をいくつか紹介します。

まずは「毛球症」です。ウサギは飲み込んだものを吐き出すことができません。そのため、毛づくろいをして飲み込んだ毛が排出されずに、胃の中で固まり、胃の出口に詰まってしまうことがあります。これが毛球症です。

 

毛球症は、毛のお手入れ不足や、繊維質の少ない食事などが要因となって起こります。 長毛種のウサギに多い病気ですが、短毛種にも少なくありませんよ。

 

症状としては、急に食欲が落ち、元気がなくなります。また、フンの量が少なくなったり、出なくなったりします。

 

予防法としては、普段から、干し草など繊維質の多い食事や適度な運動を心がけることが大切です。また、抜け毛を残さないように、全身の毛をていねいにブラッシングしてやりましょう。

 

症状が見られたら、すぐに病院へ連れて行きます。通常は内服薬などで治療します。症状がひどいときは、切開手術で詰まった毛を取り出すこともあります。


ウサギの消化器の病気-2

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

次に「消化管うっ滞」です。消化管うっ滞は、不適切な食事、大きなストレス、歯の病気など、ほかの病気のため長時間食事がとれない状態が続いた場合などに起こります。

 

軽い場合は、悪臭のする軟便がときどき出る程度ですが、重症になると水性の下痢をしたり、白い粘液が出たりします。 食欲が落ちたり、まったく食べなくなったりすることもあります。

 

予防法としては、干し草を十分食べさせ、でんぷん質や高タンパク、高脂肪のものを与えないことが重要です。 食欲が落ちたときには、すぐに病院へ連れて行く必要があります。

 

次に「コクシジウム症」です。コクシジウム症はコクシジウムという寄生虫に感染して発病します。 症状は下痢です。 コクシジウムが寄生していても発病しないこともあります。

 

健康なときに、検便で早期に発見して駆虫できればベストですよ。症状が出た場合には、すぐに病院へ連れて行きましょう。

 

次に「食中毒」です。食事に毒素を産生する微生物が混入したり、毒性のある植物をかじったりした場合などに食中毒が起こります。

 

下痢、食欲不振、麻痺やけいれんなど神経症状が出ることもあります。 食事の食べ残しは傷まないようにすぐに捨てましょう。また、野草は安全性がはっきりしているもののみを与えるように気をつけましょう


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店