ウサギの飼い方と病気

ウサギの呼吸器の病気-1

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

ウサギの呼吸器の病気は、パスツレラ菌や気管支敗血症菌、黄色ブドウ球菌など、各種病原体の感染によって、引き起こされます。また、複数の病原体が複合感染し、症状が複雑になる場合もあります。

 

ネバネバした鼻水やくしゃみなど風邪に似た症状が特徴です。また、病原体によっては、それぞれに特徴的な症状も見られます。

 

風邪だと思って、軽く考えて放っておくと、ほかの臓器に感染してしまうこともありますので、早めに治療を受けるようにしましょう。

 

呼吸器の病気をいくつか紹介します。

まずは「スナッフル」です。スナッフルは、パスツレラ菌の感染による鼻炎です。 不潔な生活環境、急激な温度変化、栄養不良や老化、妊娠などによる体力低下、ストレスなどが引き金となって発病します。

 

症状としては、鼻汁、くしゃみ、咳のほか、呼吸をするときに「グジュグジュ」「ズーズー」というような音が出ます。前足に鼻汁がついて固まり、ゴワゴワしている様子も見かけられます。

 

予防法としては、適切な温度や湿度の管理、清潔な生活環境を保つことが大切です。 多頭飼いしている場合は、感染したウサギを隔離します。 重症のウサギには抗生物質を投与しますが、完治は困難なようです。


ウサギの呼吸器の病気-2

ウサギ 飼い方,ウサギ 病気

次に「肺炎」です。 肺炎は黄色ブドウ球菌、パスツレラ菌などに感染して発病します。ガンや心臓病など、ほかの病気の悪化に伴って起きることもあります。

 

症状としては、食欲の低下、発熱、呼吸困難などが挙げられます。

予防法としては、室内の換気や湿度、温度管理に注意することが大切です。 異常に気づいたら、すぐに病院へ連れて行きましょう。

 

次に「気管支敗血症菌感染症」です。 気管支敗血症菌に感染して起こります。 呼吸をするときにイビキのような音が聞こえるようになりますが、鼻汁は出ません。

 

ウサギの多くが気管支敗血症菌を保菌しているといわれていますが、発病することはまれなようです。 発病した場合は抗生物質を投与します。

 

ところで人間に感染するウサギの病気もあるのでしょうか。 動物から人間にも感染する病気を人獣共通感染症といい、ウサギから人間に感染する病気もあります。

 

皮膚糸状菌、ツメダニなどの皮膚病やパスツレラ菌、サルモネラ菌、トキソプラズマ(原虫)などの病原体から感染する病気なども、ウサギから人間に感染する可能性があります。

 

しかし、ウサギを触ったり、ケージを掃除したりしたあとにきちんと手洗いをし、清潔な環境で飼っている限り、人間に感染する確率はほとんどないといっていいでしょう。


楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店