ウサギの飼い方と病気

アメリカンファジーロップ

アメリカンファジーロップは、比較的新しく生まれた、垂れ耳を持つ長毛種です。耳の垂れたホーランドロップと、長毛種のフレンチアンゴラの交配を経て誕生したうさぎなので、その両方の特徴を併せ持っています。

 

1985年に新たに品種として認定され、日本でも一躍人気が高まったうさぎなんですよ。原産国はアメリカ、体重は約1.4〜2.0kgで、カラーはオレンジ、ブラック、トート、ライラック、チンチラなどです。

 

名前に「ファジー」とついているのは、毛質がフワフワと柔らかいためだそうです。また耳の毛だけは長毛ではありません。コンパクトでふっくらしたからだ、愛らしい垂れ耳、しなやかな毛が人気のポイントでしょう。

 

性格は、愛嬌があって人なつっこく、好奇心旺盛で、人をあまり恐がらない子が多いようです。したがって、いつも一緒にいてやりたい人に向いているといえるでしょう。ただ甘えん坊さんが多い一方で、自己主張が強い子も少なくないようです。

 

飼育のポイントですが、毛が長いため、お手入れは非常に手がかかりますので、初心者には管理が難しいかもしれません。十分にブラッシングしないと、病気になってしまうこともあるのでしつけは重要です。トイレのしつけにも時間がかかる子が多いようです。

レッキス

レッキスは、光沢のあるベルベットのような毛並みと、おとなしい性格で人気が高まっているうさぎです。原産国はフランスで、体重は約3〜5kg、カラーはブラック、ブルー、キャスター、オパールなどがあります。うさぎとしては結構大きめですね。

 

からだは筋肉質で、足腰も丈夫です。性格は人なつっこく抱っこも好みます。ミニレッキスにくらべて、穏やかな性格です。理解力も高く、かまって欲しいときのアピールも上手ですよ。うさぎの中では賢い優等生といったところでしょうか。

 

レッキスといえば、手触り抜群の毛並みが最大の特徴ですよね。そもそもうさぎの体毛は、長めのガードヘアと短めのアンダーコートの2種類から成っています。ふつう、カラーや手触りはガードヘアで決まります。しかし、レッキス、ミニレッキスの場合は、この2種類の毛の長さが同じで、密度の濃い、ベルベットのような手触りになっているんです。

 

飼育のポイントですが、毛の抜け替わりはほかの品種より少なく、換毛期でも毛のお手入れは楽ですよ。ただし、足裏の毛に厚みがなく、痛めやすいので、床材の選び方には注意が必要です。また、サイズも大きく活発なので、広い飼育スペースが必要になります。

楽天で最も人気のウサギのお店と言えば…

ウサギの飼い方と病気 楽天市場の中で商品数、クチコミ感想とも最も多いウサギの専門店が「愛らびっと」さんです。迅速で細やかな対応や、メールの端々に店長さんのウサギへの愛情がホンワリと伝わってきます。牧草の選び方など分からないことにも丁寧に対応してくれますよ。
>>うさぎグッズ専門店【愛らびっと】さんのお店へGo!ウサギのお店